PR

刑事コロンボ、お勧めエピソード

刑事ドラマ 未分類
スポンサーリンク

今回は、第1回目の記事と言うことで、刑事コロンボのお勧めエピソードを紹介します。

第6位:虚飾のオープニング・ナイト(第69話)

この作品は刑事コロンボの最終作品となります。
この作品だけ、コロンボの部下の警察官がマッチョになります。
いままで、マッチョ警官と無縁だったコロンボも、アメリカ作品らしくマッチョを登場させた珍しい作品です。
アメリカ人の嗜好しこうの変化をお楽しみくださいw

第5位:完全犯罪の誤算(第52話)

この作品は、本当に誤算です。
容疑者(?)が現場に証拠を残すところは、笑えて仕方がありません。
作品を最後まで見た後は、また、冒頭の殺人シーンを見て笑ってくださいw

第4位:マリブビーチ殺人事件(第55話)

容疑者は、プロテニスプレイヤーでプレイボーイなのですが、被害者はその婚約者になります。
この作品は、被害者のお姉ちゃんが見所です。
結果的に事件にも大きく絡んでいるお姉ちゃんですが、その行動が大きな波紋を呼びました。
「あんたなんか嫌い。大っ嫌いよ」
と言うセリフは今でも覚えています。
また、コロンボの
「雪玉が斜面を転がりだしたら、押せ、だ」
と言うセリフも名言として、心にしまっています。
証拠が証拠として機能しているのかも、物議をかもした作品です。

第3位:権力の墓穴ぼけつ(第25話)

容疑者はロサンゼルス市警察本部次長、コロンボの上司になります。
コロンボは次長が犯人と踏んでいたのでしょうが、職務上、上司の命令には従わないといけません。
そのためには、上司が推し進める大掛かりな茶番に付き合うことも、彼の仕事の1つです。
しかし、ラストでは、コロンボも大掛かりな茶番を仕込み、上司をはめることに…。
上司が仕掛けた大掛かりな茶番は税金から支払われますが、コロンボの仕掛けた茶番は経費で落ちるのでしょうか?
それが最大の問題です。

第2位:殺人処方箋しょほうせん(第1話)

刑事コロンボの記念すべき第1作目です。
シリーズ化前の作品とあって雰囲気も違いますが、第1作目だけあってネタに不自由はしていないようです。
コロンボはコロンボでちまちま容疑者に聞き込みをしますが、容疑者はある方法を使って捜査を終了させようとします。
それに怒ったコロンボが、終盤、怒涛どとうの反撃に出ます。
コロンボはコロンボで、
「こんな方法は使いたくない」
と言うこだわりがありましたが、容疑者のとったある行動により、その封印を解きます。
その後は、容疑者の気持ちになって、
「うおおお、もうやめてくれえ」
と思って見てました。
これもまた、終盤、大いに盛り上がる作品です。

第1位:二枚のドガの絵(第6話)

もう、第1位はこれっきゃない。
二枚のドガの絵です。
クライマックスの盛り上がりが半端ないし、コロンボが提示した証拠も衝撃的でした。
放送終了間際に、本気で誤認逮捕するか、犯人を取り逃がすかと思い、ハラハラしました。
放送終了時間を意識して、時計をチラ見しながら、ハラハラしました。
最高に盛り上がる1作です。
個人的には、刑事コロンボの第1位はこれしか考えられません。
最高傑作です。
あと、コロンボと容疑者が結構バチバチ火花散らしてるのも面白いです。
完全版では、吹き替えの追加部分で声優が変わりますが、テレビ放送時に、
「ふ~ん、チミはそんな風にカットしたのかね?」
と考えさせられるので、それもまた面白いポイントです。
プロデューサーの気分になり、テレビマンの実力を測ってみてくださいw

刑事コロンボの紹介は以上になります。
結構終盤のエピソードがランクインしてまして、説得力ないかもしれませんが、基本的に刑事コロンボは初期の作品の方がネタが散りばめられており、面白いです。
それと、昔、任天堂から発売された「ファミコンウォーズ」と「ゲームボーイウォーズ」のCMが好きな人には、「祝砲の挽歌」(第28話)がお勧めw
「忘れられたスター」(第32話)は、この日本語のサブタイトルのセンスにうならされますw
ちなみに、ランク外の作品なら「別れのワイン」(第19話)が不動の人気です。

まったねえw

error: ありがとうございます
タイトルとURLをコピーしました