PR

TVアニメ「俺たちに翼はない」

俺たちに翼はない アニメ
スポンサーリンク

ホームページを作っては見たものの、面白いものがなんにもない。
Google先生から記事としての価値を認められない。
良いんです、それで。
そのうち、なにか世の中の方が変わって、アクセスがガツンと増えるなんてこともあるかもしれませんし…。
今から、そんなこと気にする必要はないんです。
ぶるっきゃおう、ぴらむに。
ハ~イ、皆さん、コンドルワ~。
ホームページのアクセスが少ない系パーソナリティのDJコンドルです。
早速ですが行ってみましょう、DJコンドルのラブレター・フロム・アビス。
本日の1枚目のお手紙。
ラジオネーム・黄金のたかさんからのお便りです。
「コンドルさん、こんばんは。(コンドルワ)
みそらちゃんねるの誕生に少なからず影響を与えたと言う「俺たちに翼はない」とはどのようなアニメなんですか?」
「は~い、このページで紹介します」

ってなわけで、よく分からないキャラクター「DJコンドル」の物まね風に始めたこの記事で、アニメ「俺たちに翼はない」を紹介します。

僕が初めてこのアニメを見たときは、全然面白くありませんでした。
だって、なんだかムカつくし、意味が分かんないんだもん。
それでもまあ、それなりに見ていくと、
「ん?」
っと思うことがあって、
「これってもしかして?」
とか思っちゃったりして、途中から、がぜん面白くなってきました。
分からなかったことが、なんか分かった、みたいになると、面白くなるもんなんですねえ。
そんなわけで、序盤は、なんだかムカつくのであんまりオススメしにくいアニメなんですが、お気に入りのアニメです。

このアニメには原作のゲームが存在しますが、アニメの方は絵がキレイですし、その点ではオススメできます。
また、アニメも、夢テレビだか、奈落テレビだか、奈落中央テレビだかで、結構、良い感じに力を入れてますから、見ごたえ充分です。

僕が初めに、このアニメのPVを見たときもチャラチャラした美男美女みたいな人がたくさん出てくるなあ、と感じていました。
それ故に、薄っぺらいんじゃないかなあ、と思ってました。
そしたら、結構、深いと言うか、ヘビーな内容が詰まってました。
ストーリーもオススメです。

ストーリーを紹介します。
大都会・柳木原やなぎはらには、数多くの若者が集まります。
柳木原には、ごく普通のありふれた悩みを抱えた人もいれば、全然、普通ではないヘビーな悩みを抱えた人もいます。
この物語は、そんな若者たちが織り成す青春せいしゅん恋愛れんあい群像劇ぐんぞうげきです。

スポンサーリンク

千歳ちとせ鷲介しゅうすけ(イーグル・イエローグリーン)は今をときめくフリーター。
雑誌「メンズフリーズ」にコラムを載せたりしてお金を稼いでいました。
今日も鷲介は、多摩たまいずみ先生の実体験エッセイ「青春はそれを我慢できない」のアゲアゲ紹介記事(べため記事)の依頼を受けたばかりです。
依頼を受けた後、祥玄社の1階ロビーにあるカフェで、くつろいでいました。
すると、遅れてやって来た知り合いのイラストレーター・鳳凰寺ほうおうじカケル(本名:おおとりかける、フェニックス・フレアゴールド)にからかわれ、それに巻き込まれる形で、小説家の玉泉たまいずみ日和子ひよこ先生(ペンネーム:細川ほそかわ玉木たまき)に迷惑をかけてしまいました。
玉泉たまいずみ日和子ひよこ」を「多摩たまいずみ」だと、わざと間違えるように紹介されたのです。
それで、はめられて、やらかしてしまった鷲介は、行きつけの洋風レストラン「アレキサンダー」で愚痴ぐちっていました。
すると、アレキサンダーに、なぜか玉泉たまいずみ日和子ひよこ(たまひよ)の姿が…。
日和子は、甘酸っぱいラブストーリーを描いたデビュー作「ほほえみインサイド」はヒットしましたが、老夫婦を主人公にした第2作「米寿」(ベージュ)が大コケし、自信を無くしていました。
鷲介は、日和子ひよこに迷惑をかけたこともあり、なんとか元気づけたい、と考えるのでした。

成田なりた隼人はやと(ファルコン・マゼンタレッド)は、柳木原やなぎはらで便利屋を営んでいました。
そんな中、知り合いを通じて、おおとりなるから自転車の捜索を依頼され、半ば強引に引き受けさせられることになりました。
鳴は、柳木原の不良を集めて結成された私設自警団「柳木原フレイムバーズ」(YFB)のトップおおとりかける(フェニックス)の妹だったので、あまり関わりたくなかったのです。
話を聞くと、鳴の自転車は特徴的な形をしてる独特なものでした。

羽田はねだ鷹志たかし(ホーク・シアンブルー)は私立美空みそら学園3年A組の学級委員長。
美空みそら学園に入学したての1年時の4月、数少ない友人の1人である森里もりさと和馬かずま(ペガサス・ウッディビレッジ)の悪ふざけの結果、「美空学園のプリンセス」の異名を持つ美少女・渡来わたらい明日香あすか(プリンセス・アスカ、魔法の王女プリンセスロイヤルアスカ)とお付き合いすることになりました。
しかし、物語開始時の3年にもなると、鷹志と明日香がお付き合いしていると、本気で思ってる人は少なくなってるようです。
そんな鷹志ですが、近頃、異世界グレタガルド(Greatgard)からの召喚しょうかん(呼び出し)が頻発ひんぱつするようになっていました。
鷹志は、グレタガルドでは、万色ばんしょく四枚よまい羽根ばねの1人、聖騎士ホーク・シアンブルーとして、大聖剣グレタカリバーと最強の盾グレタバリアを手に平和を守っていました。
グレタガルドでは、妖術師ようじゅつしスパロウ(山科やましなみやこ)と共闘するなど活躍していました。
しかし、グレタガルドからの呼び出しが多くなるにつれ、「いずれグレタガルドから戻って来ることはなくなる」と覚悟し、やることリストを作成しました。
やることリストは【残務処理】と名付けられ、次のように書かれています。

  • 上杉家で「信長の野心」をクリアする(済)
  • 学食のチキンソテー&エビフライ定食を食べる(済)
  • 期末テストで平均70点以上とる
  • Wさんと遊びに行く
  • (妹と毎日会話をする)
  • (クラスに友達をつくる)

これらは、この世界に別れを告げる前にやっておかなければならないことです。

そんな中、グレタガルドの王「ガルーダ・ダークブラック」(伊丹いたみ伽楼羅かるら)が柳木原に召喚しょうかんされて来ました。
伽楼羅かるらはすぐさま柳木原フレイムバーズ(YFB)を傘下に収め、大暴れし始めました。
おおとりかける(フェニックス)はYFBのトップだと思われ、周囲からも皇帝だとかエンペラーだとか呼ばれていましたが、本人はYFBの筆頭代理だと名乗っていました。
YFBはいずれ現れる、伽楼羅かるらのための兵隊だったのです。
そして一通り暴れた伽楼羅かるらは、プリンセス・ダブ(羽田はねだ小鳩こばと)に面会すべく家に帰るのでした。
ちなみにこの回は、アニメ第7話「えある王の凱旋がいせんだ!」で描かれており、このアニメ屈指くっし神回かみかいとなっています。
この物語は、例えば、そんなメルヘンです。

ってな感じで、「俺たちに翼はない」の核心部のネタバレを回避しつつ、それ故に訳の分からない紹介になってしまいました。
(って言うか、面白いので、わりと詳細に調べて書いてしまいましたが…w)
柳木原につどう若者の物語が、どのように収束されていくのか。
いろんな意味でお気に入りのアニメなので、良かったら見てやってください。
ほなな。

北米版です。
日本で発売されてるブルーレイ機器で普通に再生できます。
音声は、

  • 英語(ドルビー 5.1チャンネル)
  • 日本語(ドルビー 2.0チャンネル)

から選べます。
字幕は

  • あり(英語)
  • なし

から選べます。
「音声:日本語」、「字幕:なし」に設定すると、オープニングとエンディングのテロップが英語である以外は、日本版との違いは特にはなさそうです。
マーベラス・エンターテイメントから発売されてます。

error: ありがとうございます
タイトルとURLをコピーしました