PR

本当にあった怖い話「ポータブル・ブルーレイ・プレイヤー」

推し活 雑貨
スポンサーリンク

今回は、「本当にあった怖い話」として、会社員のA子さんとポータブル・ブルーレイ・プレイヤーの話をします。
どうぞ。

会社員のA子さんは社畜しゃちくでした。
月に数回、会社に寝泊まりするのは当たり前。
多いときは週に数回、会社に寝泊まりするぐらいでした。
そんな、A子さんは女性社員。
会社に寝泊まりすることに抵抗があるのかと思いきや、まんざらではないようでした。
A子さんは、大好きなしのために残業して、かつの活動資金を稼ぐ必要があったのです。
しかし、そんなA子さんには弱点がありました。
A子さんは会社に泊まるにもかかわらず、会社では眠れないのです。

そこでA子さんはある秘密兵器を導入しました。
それが、ポータブル・ブルーレイ・プレイヤーです。
彼女は、深夜、会社で推しのブルーレイを見て、過ごすようになりました。

そんな話をある同僚どうりょうにしたとき事件は起きました。
同僚が、
「ポータブル・ブルーレイ・プレイヤーだったら、ブルーレイの良さをかせないんじゃない?」
と、言ったのです。
そう言われて、A子さんは急に黙ってしまいまいました。
同僚はA子さんが無言でぶち切れてると思い、本当に怖い思いをしました。

本当にあった怖い話、おしまいw

以下、ナレーションw
A子さんが怒るのも無理はない。
最近のポータブル・ブルーレイ・プレイヤーは、本当に高画質、大画面。
高画質・大画面ブルーレイ・プレイヤーがあなたの社畜しゃちくライフ、かつをサポートします。
ぜひ一度、ご堪能たんのうください。

スポンサーリンク

じゃあにいw

error: ありがとうございます
タイトルとURLをコピーしました