PR

[ウォルト] ボディバッグ wlt LUGER

[ウォルト] ボディバッグ01 未分類
スポンサーリンク

今回は、僕のお気に入りのアイテムを紹介します。
昔の僕はウエストポーチを愛用してました。
それがいつしか、ボディバッグに変化し、そして、良いボディバッグに出会いました。
それを紹介します。
[ウォルト] ボディバッグ wlt LUGERです。
まずは、写真を見てください。

ボロボロになるまで使い込んでしまったため、色も含めて、全く同じものをわざわざ探して買ってしまいましたw
袋から出したら、こんな感じです。

古い方は肩掛け部分が壊れてしまったので、南京錠で補完したり、チャックも取れてしまったので封印したポケットがあったり、一部、破れてしまって、中身が飛び出す恐れもあるぐらい使い込みましたw
でもこのボディバッグはかなり優秀。
優秀な部分を箇条書きにしてみます。

  • ポケットが多いのでいろいろな物を分けて入れられる
  • モバイルバッテリーを中に入れた状態で、外に出したスマホを充電できるUSB端子が内外にある
  • 500ml入りのペットボトルを入れるところが左右あわせて2箇所ある
  • チャックの横にひもじょうっかがある

まあ、そんな感じで、紹介していきます。
写真からも分かる通り、ポケットが多いです。
下の写真は2箇所のポケットを開いた状態です。

[ウォルト] ボディバッグ1

下のポケットがメインのポケットで、モバイルバッテリー用のUSB端子が付いてます。
ちなみにUSB端子は内外ともタイプAの端子です。
一番メジャーなタイプAのUSB端子なので、iPhoneでもAndroidでも安心して使えますね。
写真の上のポケットはサブみたいな感じのポケットですねw
メインのポケット内にはオマケ的な仕切りもあるので、内部では2部屋に分かれてます。
下の写真はメインのポケットの内部を写したものです。
ジャマなら内部のUSB端子はチャックの中に仕舞うことができます。
チャックの下側がふくれているのは、USB端子が収納されてるからです。

[ウォルト] ボディバッグ2

これでUSB端子がジャマにならなくてすみます。
必要なときはチャックを開ければいつでも使えますので、安心です。
次は500mlのペットボトルですね。

[ウォルト] ボディバッグ3

写真ではカバンの左側にペットボトルを入れてますが、右側にもペットボトルを装着可能です。
左右あわせて計2本のペットボトルをカバンの側面に取り付けることができます。
夏場とかには重宝しますねw

最後に、チャックの横にあるひもじょうっか、これは、チャックを開け閉めする際、ここを持つと、スムーズにチャックの開閉ができる優れものですw

このように最強のウォルト・ボディバッグですが、欠点もあります。
それは耐久性です。
ウォルト・ボディバッグは耐久性が弱点であると、個人的には思いました。
まあ、僕の使い方がヒドかったので壊れた部分が大きいのですが、それでも、チャックの金具は気になりました。
この商品は、チャックが多くて、だからこそポケットも多くて便利なのですが、もう少し、質の良い金具をチャックに使って欲しかったです。
うまく表現しにくいんですが、このチャックの金具が、ズボンのベルトの通し穴に引っかかることが多かったんですよ。
それ故に、金具が外れて、1つのチャックをつぶしてしまいました。
金具がシッカリしてれば、ベルトの通し穴には引っかからなかったと思うんですよね。
老朽化が進んできたから、金具が引っかかるようになってきたんでしょうか。
使い始めたころは、全然、引っかからなかったですからね。
買い替える直前ぐらいは、ちょいちょい引っかかる感じで苦労しました。
まあ、お値段相当で、良いんですけどね。
まあ、でも、そこが気になったところかなw

いかがだったですか?
冷静に考えて、わざわざ同じものを探して買うなんてことは、普通はしませんよ。
それぐらい、お気に入りのボディバッグってことです。

では…

error: ありがとうございます
タイトルとURLをコピーしました